プルアップジャンパー

プルアップジャンパーとは、プルアップジャンパーとは、バスケットボールにおいて、選手がドリブルでゴール付近まで切り込み、ドリブルの途中で急ブレーキをかけてストップし、そこから真上にジャンプしてシュートを放つこと。ジャンパーとは、真上にジャンプしてシュートを放つことである。選手がストップして真上にジャンプするシーンを「引き抜く」という意味の「プルアップ(pull up)」にたとえて、プルアップジャンパーといわれる。

ペネトレイトなどで相手ディフェンダーが急いで戻ろうとしたところで、急ブレーキをかけると、相手が急に止まれず、ドリブルしていた選手から一瞬離れてしまう。その隙にシュートを放てば、ノーマークの状態でシュートを放つことが可能となる。

特に、スピードが速く小柄な選手が得意とする技で、相手ディフェンダーによるブロックを阻止するためにプルアップジャンパーをするシーンが多く見られる。

/
/
<1277>  2011.6.16更新