ペナルティーキックPK

ペナルティーキックとは、サッカーにおいてペナルティーエリア内で攻撃側のチームに与えられる直接フリーキックのこと。ペナルティーキックによってボールがゴールに入った場合は、得点として認められる。ペナルティーエリア内で守備側の選手が反則を犯したと主審が判断した場合に行われる。具体的には次の反則が該当する。相手選手を蹴ったり、つまずかせること。相手選手を打ったり、押したり、チャージすること。相手選手に飛びかかったり、タックルすること。また、ゴールキーパー以外の選手がペナルティーエリア内でボールを手で扱った場合もペナルティーキックとなる。なお、ゴールキーパーが味方選手のパスを手で扱った場合は、ペナルティーキックではなく間接フリーキックとなる。

ペナルティーキックは、ファールが行われた場所に関係なく、ペナルティーマークにボールを置いて行われる。ペナルティーキックを行うキッカーと守備側のゴールキーパー以外の選手は、ボールが蹴られるまでペナルティーエリアおよびペナルティーアークに入ることはできない。また、ペナルティーマークの後方に位置しなければならない。キッカーは特定されなければならないので、複数の選手がボールを蹴ろうとすることは許されない。守備側のゴールキーパーは、ボールが蹴られるまでゴールライン上にいなければならない。キッカーはボールを蹴ってから他の選手がボールに触れるまで、ボールに触れてはいけない。

/
/
<354>  2008.11.28更新