マウスピース 【 マウスガード 】 マウスプロテクター

マウスピースとは、スポーツを競技する際に口腔内に装着し、歯や口腔を保護する器具のこと。ボクシングやキックボクシングなどの格闘技や激しいコンタクトを伴うアメリカンフットボールやアイスホッケーなどの球技では、マウスピースの装着が義務化されている。マウスピースの装着により、奥歯や前歯などの歯の損傷や、歯による舌や口腔への損傷を防ぐほか、脳や頚椎への衝撃を少なくしたり、バランス感覚や瞬間的な筋力が向上するなどの効果があるとされる。マウスガード、マウスプロテクターとも呼ばれる。

マウスピースには、スポーツ量販店などで購入できる市販品のほか、用途や自分の口に合わせて製作するオーダーメイド品がある。オーダーメイド品は市販品と比べて値段が数倍と高価だが、装着していても喋りやすい、呼吸しやすい、外れにくいといったメリットがある。

格闘技や激しいコンタクトを伴うスポーツ以外でもマウスピースを使用している選手は多く、例えばプロ野球ではダルビッシュ有や村田修一などの選手がマウスピースを使用している。高校野球でも、白色または透明なものに限って、マウスピースの使用が認められている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1289>  2011.7.8更新