マウンテンバイクるいけいしゃ

マウンテンバイク類型車 【 ルック車 】

マウンテンバイク類型車とは、 外見がマウンテンバイクに似た形状をしている舗装道路用の街乗り自転車のこと。マウンテンバイクの流行を受けて、日本国内で生産、流通されるようになった車種である。俗に、英語で「〜のような」という意味をもつ「ルック(look)」という言葉を用い、ルック車と呼ばれることが多い。フレームの形やタイヤの形がマウンテンバイクに似ており、ダブルサスペンションなどのマウンテンバイク独自のコンポーネントが付属していることが多い。

ただし、これらのコンポーネントは一般的に実用性には乏しく、フレーム強度も十分ではないため、オフロード走行には適さない。「悪路走行禁止」というような注意書きがされていることが多い。また、マウンテンバイクとは異なり、フレーム素材に鉄が用いられることが多く、重量が15〜20kgと重めである。

さらに、ホイールと車体の接続がクイックリリース式ではなく、ボルトで車体に直接接続されていることが多い。そのため、ツーリングなどでの持ち運びには適さない。価格が1〜4万円と安価でありながら、シティ車よりも機能性、ファッション性が高いため、通勤や通学などの日常生活での使用に人気が高い車種である。折り畳みのタイプも販売されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<494>  2009.4.30更新