マスターズりくじょう

マスターズ陸上

マスターズ陸上とは、生涯スポーツの推進を目的として、35歳以上の男女を対象に行われる陸上競技大会のこと。競技のレベルは問わず誰でも参加することが可能であり、5歳刻みのクラスに分けられている。クラス内で競技成績を競うため、自動的に5年毎に最若年層となり、記録更新や入賞を狙うチャンスが生まれる仕組みとなっている。規定条件を満たすことで、全日本大会やアジア大会、世界大会へ出場できる。

マスターズ陸上競技会はイギリスで1932年に初めて行われた。その後の1975年にカナダのトロントで第1回世界マスターズ陸上競技選手権大会が開催され、日本では、1978年に和歌山県で初めて大会が開催された。1980年、日本人初のオリンピック金メダリストの織田幹雄氏によって日本マスターズ陸上競技連合が設立され、同年日本で初めての第1回全日本マスターズ陸上競技選手権大会が開催された。以来、全日本マスターズ陸上競技選手権大会は毎年開催されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1528>  2012.11.2更新