ラッキーゾーン

ラッキーゾーン

ラッキーゾーンとは、外野フェンス直前に設置された柵によってつくられたエリアのこと。ラッキーゾーンに打球が入ると、外野スタンドに入ったときと同様にホームランとなる。野球場のフィールドを狭くすることで、ホームランが出やすくなるようににつくられる。

阪神タイガースの選手兼任監督だった若林忠志が、甲子園球場でのホームランを増やして試合を盛り上げるために考案し、1947年5月26日に同球場で導入されたのが始まり。甲子園球場の本塁から左右中間のフェンスまでの距離は従来、128mあったが、ラッキーゾーンの設置により、約20m短くなった。なお、公認野球規則では、本塁から左右両翼のフェンスまでの距離を約98m以上、中堅フェンスまでの距離を約122m以上確保することが望ましいとしているが、中間フェンスまでの距離に関する規定はない。甲子園球場のラッキーゾーンは、1991年に撤去されるまでブルペンとして使われていた。

2013年からは東北楽天イーグルスの本拠地であるKスタ宮城(現コボスタ宮城)で、2015年からは福岡ソフトバンクホークスの本拠地、ヤフオクドームでラッキーゾーンが導入されている。また、1962年から1967年までは、東京ヤクルトスワローズの本拠地の神宮球場にもラッキーゾーンが設置されていた。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1708>  2015.4.10更新