ラージヒルK120 individual (90m)

ラージヒルとは、スキー・ジャンプ競技の1種目。男子種目のみ。スキーを履いた1名の選手が、ラージヒルサイズの雪上ジャンプ台において、ジャンプを行い、その飛距離及び空中・着地フォームなど飛型の正確さ、美しさを競う個人種目。ラージヒルのK点は100m以上(現在一般には120m、以前は90m)。男子種目のみ。選手は、急斜面を滑降して助走をつけ、既定のテークオフ(踏切台)からジャンプを行い、既定の着地斜面内で着地を行う。試合では2回のジャンプを行う。50名が1回目に、その上位30名が2回目にリバース出場する。得点は、飛距離点(distance points)と飛型点(style points)からなる。飛距離点は、K点距離を基準点60点とし、それと測定された飛距離との差に応じて、得点が加減され算出される。飛距離はテークオフの先端と選手が着地した地点までの距離。飛型点は60点満点。この2つの合計が1回のジャンプの得点となり、2回分の総合得点の多い順が最終順位となる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<266>  2008.7.29更新