ループジャンプ

ループジャンプとは、フィギュアスケートのジャンプの種類のひとつで、後ろ向きの状態から、右足のエッジで踏み切って跳ぶジャンプ。右回りのジャンプの場合は、左足のエッジで踏み切る。踏み切る際はトゥを使わず、両足をクロスさせてから跳ぶ。難易度は比較的やさしく、コンビネーションジャンプの2つ目で使われることがある。

ドイツのリットベルガーが初めて跳んだため、ヨーロッパではループジャンプのことをリットベルガーとも呼ぶ。

/
/
<740>  2010.1.6更新