レッグスルー 【 スルーザレッグ 】

レッグスルーとは、レッグスルーとは、バスケットボールにおけるドリブルテクニックのひとつ。自分の股下でバウンドさせるように、足の間を通してドリブルをする方法のこと。右手に持っているボールを、左手に持ち替えるためのドリブル、もしくは、左手に持っているボールを右手に持ち替えるためのドリブルであり、対峙したディフェンスにボールをスティールされづらくするために、自分の足の間を通して相手ディフェンスとの距離を保つ。

基本的には、片側の足を前方へ踏み出し、逆の足を後方に残した状態で、この2本の足の間を通すようにボールを弾ませる。相手ディフェンスと距離を置いたところでボールをキープし、レッグスルーからペネトレイトへ持ち込む選手などもよく見られる。スルーザレッグとも呼ばれる。

/
/
<1148>  2011.2.4更新