ロコソラーレ

ロコソラーレとは、北海道北見市を拠点としたカーリングチームのチーム名のこと。チームメンバーの全員が北海道北見市常呂町出身となっており、常呂っ子(ところっこ)から「ロコ」をとり、イタリア語で太陽を意味する「ソラーレ」を合わせて、ロコソラーレというチーム名となった。

北海道北見市の常呂町は、日本におけるカーリングブームの礎となった町であり、ビールの樽やミニガスボンベなどでストーンを自作し、カーリング普及に大きく貢献している。また、第1回NHK杯カーリング大会を開催し、国内では初となるカーリングホールを建設した町としても有名となっている。

2010年に、カーリング元日本代表であるチーム青森のサードを務めた本橋麻里が中心となり、新チームとして発足された。

/
/
<1044>  2010.8.20更新