ロブショット 【 フロップショット 】

ロブショットとは、 ゴルフボールが高く上がるように打つアプローチのこと。同じように球を高く上げるピッチショットよりも高く上げる方法である。バンカーや高低差の大きいグリーンなど、短い飛距離でも構わないが、球を高く飛ばす必要がある場合に用いられる。

通常、ロブウェッジサンドウェッジで打つことが多く、極めて難易度の高いアプローチのひとつと見なされている。英語で「球を弧を描くように投げる」という意味の「ロブ(lob)」という言葉を用いて「ロブショット」と呼ばれる。また、「ばたばた動く」という意味の英語「フロップ(flop)」を用いて、「フロップショット」とも言う場合もある。

/
/
<466>  2009.3.22更新