ワインドアップポジション

ワインドアップポジションとは、野球の投手が投球の動作の中で、ボールを持った両手を頭上に伸ばして振りかぶること。走者がいる場合は牽制を行うことがあるため、ワインドアップを行わず、セットアップポジションから投球の動作を開始するが、走者がいない場合には牽制の可能性がないため、ワインドアップを動作に取り入れる投手がいる。投手によっては走者の有無にかかわらず、常時セットアップポジションから投球を行うこともある。

ワインドアップを行うことで球威が強くなったり、制球が良くなることはないとされるが、投球のリズムを作ったり、落ち着いて投げられるという精神面でのメリットがある。また、投球の際に維持するのが良いとされる「ゼロポジション」という肩の自然な位置関係を確認できるという効果もある。いっぽうで、動作が増えるため疲れやすくなったり、身体の軸がぶれやすくなるなどのデメリットもある。

ワインドアップと同じ姿勢で投球の動作を開始するが、振りかぶらずに両手を胸の前で静止してから投球を行うことをノーワインドアップという。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1316>  2011.8.26更新