ワンハンドビールマンスピン

ワンハンドビールマンスピンとは、片手でするビールマンスピンのこと。ビールマンスピンはフリーレッグを背後から上方に伸ばし、手でフリーレッグをつかんだままするスピン。スイスのデニス・ビールマンが初めて成功させたスピンで、体の柔軟性を要求される難易度の高いスピンとなっている。

ワンハンドビールマンスピンは、ビールマンスピンよりも得点が高くなるわけではないため、メリットがあまりないと言われている。得意としていた浅田真央も、ワンハンドビールマンスピンを見せる機会が減っている。

/
/
<773>  2010.2.4更新