ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ

ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップとは、毎年5月初旬に開催される女子プロゴルフのトーナメントのこと。社団法人日本女子プロゴルフ協会と日本テレビ放送網株式会社が主催している。1973年に創設され、2008年より女子プロゴルフツアー(JLPGAツアー)の4大公式戦の一つとなった。開催地は茨城県つくばみらい市にある茨城ゴルフ倶楽部の西コース。賞金総額は1億2,000万円で、優勝賞金は2,400万円。

大会は4日間合計72ホールで行われ、36ホール終了時点で60位タイまでの選手が予選通過となり、残りの36ホールをプレイできる。2008年大会では福嶋晃子が、2009年大会では諸見里しのぶがそれぞれ優勝を手にしているが、2010年以降は日本人の優勝者は出ていない。出場選手120名で競われ、過去3年間の優勝者には出場シード権が与えられる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1435>  2012.5.9更新