バンフォーレこうふ

ヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府とは、 Jリーグに加盟するクラブのひとつであり、甲府市、韮崎市を中心とした山梨県全域に本拠地を置いている。ホームスタジアムは甲府市にある山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場。運営会社は株式会社ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブである。クラブ名の「ヴァンフォーレ(Ventforet)」はフランス語の「Vent(風)」と「Foret(林)」を組み合わせた造語であり、現在の山梨県にあたる甲斐の国の有名な武将、武田信玄の旗印であった「風林火山」にちなんでいる。

クラブの前身とされる「甲府クラブ」は、甲府一高OBによって結成された「鶴城(かくじょう)クラブ」が1965年に全国社会人サッカー大会の出場権を獲得した際に、他校出身者を加えて創部された。関東社会人リーグを経て、1972年に創設された日本サッカーリーグ(JSL)2部に参加。1部に昇格することなくリーグ終了を迎え、1992年からはJFLの2部に参加した。1994年から1部制に移行したJFLにそのまま参加し、1995年にクラブ名を「ヴァンフォーレ甲府」に改めた。

1997年に運営会社を設立し、その年末には1999年からのJ2参加が承認された。1998年はJFLで自己最高位の4位に入り、1999年より新設されたJ2に参加。しかし、1999年、2000年と連続最下位となり、さらに経営危機に陥り、クラブ存亡の危機に立たされた。クラブ消滅は何とか免れたものの、2001年も結局はJ2最下位に終わった。だが、2002年より成績が向上し始め、2005年にはついに3位に入賞し、J1J2入れ替え戦に出場した。入れ替え戦で柏レイソルに勝利した甲府はJ1昇格を決めた。2006年よりJ1に参加し、その年はJ1に踏みとどまったものの、翌2007年には17位となり早くもJ2へ自動降格となった。2008年からJ2を主戦場としている。チームカラーは青。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<460>  2009.2.20更新