いっぽんがち

一本勝ち

一本勝ちとは、狭義では、柔道競技における勝ち方の一種。投技固技の任意の技をきめて「一本」判定を1回とることで勝つ勝ち方。規定の競技時間が終了していなくてもこれらの判定を取った時点で「一本勝ち」として試合が終了し、勝敗が決定する。記録には終了時間と技名が記録される。勝ち負けの結果だけではなく「勝ち方」が重視される柔道競技において最もステータスの高い勝ち方である。また、広義では、柔道競技において、不戦勝ち以外の勝ち方で勝つことを指す。不戦勝ち以外の、狭義の一本勝ち、合わせ技総合勝ち反則勝ち、棄権勝ちの5つの勝ち方で勝った場合、一本勝ちになる。

/
/
<282>  2008.8.6更新