さんだんとび

三段跳び

三段跳びとは、陸上フィールド競技の跳躍種目。男子種目・女子種目共にあり。フィールド上の助走路及び砂場で、ホップ、ステップ、ジャンプという3段階の連続運動で水 平跳躍を行い、その跳躍距離の大きさを競う。選手は、まず砂場の手前の端から13m地点に設置された踏切板まで助走を行い、踏切板から砂場間の踏切区域で ホップ、ステッ プを行った後、砂場でジャンプを行う。ホップでの最初の着地は踏み切った側の足で、ステップの着地はその反対の足で行い続けてジャンプを行わなければなら ない。ジャンプによって砂場にできた選手の身体の痕跡の内、最も踏み切り地点に近いものを着地点とし、その着地点と踏切板との距離が記録となる。世界記録 は、男子が イギリスのエドワーズによる18m29、女子がウクライナのクラベッツによる15m50。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<13>  2008.5.27更新