ちゅうきょうけいばじょう

中京競馬場

中京競馬場とは、愛知県豊明市にある競馬場のこと。日本中央競馬会(JRA)が管理を行っている。G1の「高松宮記念」、G3の「中京記念」、「ファルコンステークス」などが開催される。全面改修工事が行われていたが、2012年3月3日にリニューアルオープンする。全面改修により、芝とダートの両コースの最後の直線に西日本最大の勾配1.4%の坂が作られ、最後の直線距離も芝412.5m、ダート410.7mと東京競馬場に次ぐ長さとなり、西日本では最長となった。

1周1,530mのダートコースと、1周1,705.9mの芝Aコース、1周1,724.8mの芝Bコースがあり、いずれも左回りとなっている。障害コースは襷コースを廃止し、すべて芝の置き障害となった。

新スタンドの「ペガサス」は馬場までの距離が近く、国内の競馬場では初めてのソーラーパネルを屋根全面に設置している。なお、競馬場のマスコットキャラクターの名前は「ペガスター」であり、新スタンドをモチーフとしたペガサスのキャラクターとなっている。

/
/
<1400>  2012.2.23更新