ちゅうごくちょうきゅうリーグ

中国超級リーグ 【 中国スーパーリーグ 】

中国超級リーグとは、中国超級リーグとは、中華人民共和国のプロサッカーのトップリーグのこと。2004年に中国サッカー協会が設立し、同協会が管理、運営を行なっている。16チームが所属し、ホーム&アウェイの全30節が行われる。

中国のプロリーグは1994年にスタートし、甲Aリーグ、甲Bリーグの2部制となっていた。2004年にリーグの再編が行われ、トップリーグが「超級リーグ」、2部リーグが「甲級リーグ」となった。甲Aリーグ時代を含めて、最多優勝回数を誇るのは大連実徳で8回、次いで山東魯能泰山が4回となっている。

2011年3月には、元日本代表監督のフィリップトルシエが率いる深セン紅テンに巻誠一郎が移籍し、中国超級リーグ初の日本人選手となった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1203>  2011.3.22更新