さどこくさいトライアスロンたいかい

佐渡国際トライアスロン大会

佐渡国際トライアスロン大会とは、 新潟県佐渡市の主催により、毎年9月に新潟県佐渡市佐渡島で開催されるトライアスロン競技大会のこと。コース距離、内容の違いにより、総距離236.0kmの国際A、総距離127.kmの国際B、3人での団体戦の国際Rという3つの部門がある。国際Aおよび国際Bには、何らかのトライアスロン競技大会での完走の実績がある者しか出場できないというハイレベルな大会である。

その中でも国際Aは、スイム3.8km、バイク190km、ラン42.2kmの合計236.0kmを制限時間15時間半以内で完走することを目指す長距離耐久レースであり、日本国内で最もコース距離の長い屈指のロングディスタンス大会として、国内外を問わず人気が高い。本大会の国際A部門を完走した者には、「アストロマン」という称号が与えられる。1989年に第1回開催と比較的歴史が古い大会である。

佐渡国際トライアスロン大会では、上記の3部門のほかに、1997年より国内大会である日本ロングディスタンストライアスロン選手権佐渡大会を、2002年より佐渡ジュニアトライアスロン大会を同時開催している。佐渡ジュニアトライアスロン大会は、中学生以下の児童を幅広く対象に開催されていて、トライアスロン競技の普及に力を入れている。

  • HP  【ハーフパイプ】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<491>  2009.4.23更新