ぜんこくこうこうラグビーたいかい

全国高校ラグビー大会

全国高校ラグビー大会とは、毎年12月末から1月初頭にかけて行われる、高校生のラグビー日本全国選手権大会。大阪府東大阪市の近鉄花園ラグビー場で開催されることから、通称、花園とも呼ばれている。全国高等学校体育連盟、日本ラグビーフットボール協会、大阪府、大阪府教育委員会、毎日新聞社が主催する。

1917年から行われている大会で、ラグビーの甲子園とも称されている。出場校は、原則として各都道府県から1校ずつであるが、北海道と東京都と大阪府の3都道府だけは例外となっている。北海道は、北と南にブロック分けをし、各1校ずつの計2校が出場できる。東京都は、組み合わせ抽選により第1地区と第2地区に分けられ、それぞれ1校ずつの計2校が出場できる。大阪府も、組み合わせ抽選により第1地区、第2地区、第3地区と分けられるが、開催地枠が1校割り当てられることから東京都より1校出場枠が多い。

大会は全51校によるトーナメント方式で実施される。各都道府県の出場校は、それぞれの予選により決定する。大会の最多連続優勝記録は、1919年〜1923年の同志社による5連覇となっている。

/
/
<730>  2009.12.25更新