ぜんこくこうとうがっこうじょししちにんせいラグビーフットボールたいかい

全国高等学校女子7人制ラグビーフットボール大会 【 全国高校女子7人制大会 】

全国高等学校女子7人制ラグビーフットボール大会とは、高校生の女子選手による7人制ラグビーの全国大会。2016年の夏季オリンピックで男女7人制ラグビーが正式種目となることから、女子ラグビーの普及と強化を進めることを目的として創設された。2011年7月に第1回大会が開催された。

神戸製鋼所による特別協賛により、男子の全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会とともに「KOBELCOカップ」として開催される。KOBELCOは、神戸製鋼所の国際ブランド名。男子の合同ラグビー大会と同様に、高校ラグビー部ではなく、合同チームによる大会となっている。

第1回大会は132名の参加者を経験者のAグループ、初心者のBグループに分け、Aグループは予選リーグ決勝トーナメントを行い、Bグループはエキシビジョンマッチを行った。Aグループでは、東日本、中日本、西日本の各ブロックで各2チームを構成し、計6チームにより優勝を争った。なお、第2回大会以降は、全国9ブロックから1チームずつが参加する大会を目指すとしている。

/
/
<1359>  2011.12.6更新