ぜんにほんトライアスロンかいけたいかい

全日本トライアスロン皆生大会

全日本トライアスロン皆生大会とは、 毎年7月に鳥取県米子(よなご)市皆生(かいけ)温泉で開催されるトライアスロン競技大会のこと。第1回大会開催が1981年と、日本国内のトライアスロン競技大会のうち、最も歴史のある大会である。そのため、本大会が開催される皆生温泉は「トライアスロンの聖地」とも呼ばれる。

本大会では、スイム3km、バイク145km、ラン42.195kmの合計190.195kmを制限時間14時間30分以内に完走することを目指す。水泳、自転車、マラソン大会への出場経験があり、完走できる体力がある者であれば、誰でも参加することができる。その他の有名な長距離トライアスロン大会と異なり、完走時に何らかの称号が与えられることはないが、歴史の古さや大会運営、ボランティアスタッフの評判の良さなどによって、人気の高い大会である。

/
/
<492>  2009.4.23更新