ぜんにほんだいがくえきでん

全日本大学駅伝

全日本大学駅伝とは、社団法人日本学生陸上競技連合が主催する大学駅伝日本一を競う大会。毎年11月の第一日曜日に行われ、愛知県の熱田神宮西門前から三重県の伊勢神宮内宮宇治橋前まで総距離106.8km、全8区間を争う。出雲駅伝箱根駅伝とともに男子の三大大学駅伝のひとつに数えられている。出雲駅伝と箱根駅伝の間に開催される大会。

全日本大学駅伝の出場校は、前年度の全日本大学駅伝上位6校で参加を希望する大学、各地区学連から参加する19校、オープン参加の1チームを含めた26校になる。各地区学連からの代表数は、関東が6大学、関西と九州が各3大学、東北と東海が各2大学、北海道と北信越と中国四国が各1大学となっている。

1970年に、全国の大学が出場できる、大学駅伝日本一を決める駅伝として全日本大学駅伝はスタートした。しかし、箱根駅伝などの影響もあり、関東地区と他地区の実力差が顕著に現れてしまい、2007年には関東地区出場校全12校が上位12位を独占してしまうという事態が起こっている。関西をはじめとした西日本の関係者間では全日本大学駅伝への期待が薄まっていく中、いかに大会として盛り上げていくかが課題となっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<604>  2009.9.30更新