がいせんもんしょう

凱旋門賞

凱旋門賞とは、凱旋門賞とは、フランスギャロが主催するフランスのG1競走のこと。フランスのシャルル・ド・ゴール広場にあるエトワール凱旋門にちなんでレース名がつけられており、世界でも最高峰の権威を持つG1レースとなっている。開催競馬場はロンシャン競馬場で芝2400mのコースで行われる。1着賞金は約3億円。毎年10月の第一日曜日に開催される。出走条件は3歳以上の牡馬牝馬で負担重量は、3歳牡馬が56kg、3歳牝馬が54.5kg、4歳以上の牡馬が59.5kg、4歳以上の牝馬が58kgとなっている。

ヨーロッパでの競馬は10月ごろにシーズンの終盤を迎えるため、凱旋門賞はシーズンの最後を締めくくる重要なレースという印象が強い。また、ヨーロッパ中のダービーを勝ってきたスターホースがこぞって出走してくることが多く、レースレベルもかなり高いものとなる。1920年の第一回以来、優勝馬はすべてヨーロッパの競走馬であり、ヨーロッパ以外の競走馬で最高着順を記録したのは、日本のエルコンドルパサーとニュージーランドのBalmerinoの2着である。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1083>  2010.9.18更新