こうか

効果

効果とは、柔道競技において投技固技の任意の技を決めることで得られる判定の一種。「有効」に次ぐ、最も下位の判定である。「技あり」と違い、何回「効果」判定をとっても上級判定への昇格はない。「効果」の判定基準は、投技では、「相手を制しながら、「強さ」と「速さ」をもって片方の肩、尻、大腿部が畳みにつくように投げた時」、固技では、「抑込技で10秒以上、15秒未満抑え込んだ時」(国際柔道連盟(IJF:International Judo Federation)規定)。講道館規定では「効果」という判定は設定されていない。試合中は、スコアボードに表示される「K」が「効果」を意味し、「K」の文字の上下に試合者の「効果」判定の数が表示される。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<280>  2008.8.5更新