あいきどう

合気道

合気道とは、日本古来の柔術、剣術、杖術を基に編み出された武道。諸流派が存在するが、通常合気道といえば植芝盛平により創始された財団法人合気会によるものを指す。護身術として有効であり、相手からの攻撃に対して投げ技や関節技などの返し技を仕掛けるのが特徴である。

攻撃する相手の力を利用することから空手柔道のように強い筋力を必要とせず、老若男女を問わず誰でも手軽にはじめることができる。また、人間の相互理解という和合の精神を重要視しており、試合はなく、基本的には二人一組での組み手稽古が中心である。このような性格から合気道は護身術のみならず健康法や趣味として人気があり、広く定着している。

また、合気会では海外に対しても広く普及活動が展開されており、日本のみならず世界各地で合気道は嗜まれている。

/
/
<206>  2008.7.22更新