なごやグランパスエイト

名古屋グランパスエイト

名古屋グランパスエイトとは、 Jリーグに加盟するクラブのひとつであり、愛知県名古屋市に本拠地を置いている。ホームスタジアムは名古屋市瑞穂陸上競技場。また、準ホームスタジアムとして、豊田市にある豊田スタジアムも使用している。運営会社は株式会社名古屋グランパスエイト。クラブの正式名称は「名古屋グランパスエイト」であるが、「名古屋グランパス」を呼称として使っている。「グランパス(Grampus)」は、名古屋のシンボルである「鯱(しゃちほこ)」を英語に訳したものである。また「エイト(Eight)」は、「八」の字のマークである名古屋の市章に由来している。

クラブの前身となったのは、1939年に創部された「トヨタ自動車工業サッカー部」(後に「トヨタ自動車サッカー部」と改称)。歴史は古いが地域リーグでの活動期間が長く、日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格したのは1972年と比較的遅めであった。翌1973年にJSL1部に昇格したものの、その後、2度の降格と昇格を繰り返した。1990年、プロリーグ設立を目指していた日本サッカー協会からの参加意思の確認を受けたトヨタは、プロリーグへの参加を決め、「名古屋グランパスエイト」というクラブ名を決定した。

1991年、Jリーグ発足時の10クラブに選出されるとともに、運営会社の「名古屋グランパスエイト」が設立された。1993年から開幕したJリーグでは、2年連続で下位に位置するなど成績は奮わなかった。だが、1995年にアーセンベンゲルを監督に迎えると躍進を見せ、リーグでは年間総合順位3位に入賞するとともに、その年度の天皇杯で優勝を飾り、初めてのタイトルを獲得した。その後、カップ戦では幾つかのタイトルを獲得しているものの、リーグでの優勝経験はまだない。一方でJ2に降格することもなく、安定した成績を残している。チームカラーは「グランパスレッド」と呼ばれる、ややオレンジ掛かった赤。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<463>  2009.3.10更新