なごやこくさいじょしマラソンたいかい

名古屋国際女子マラソン大会

名古屋国際女子マラソン大会とは、名古屋国際女子マラソン大会とは、財団法人日本陸上競技連盟と中日新聞社が主催となり、愛知陸上競技協会の主管で行なわれる、女子フルマラソンの国際大会である。名古屋市瑞穂公園陸上競技場からスタートし、名古屋市街地を通り、再び名古屋市瑞穂公園陸上競技場へ戻ってきてゴールとなる。

参加資格は、日本陸上競技連盟が認めた選手と、同連盟が推薦する国外、国内の選手。また、満19歳以上の女性で、フルマラソンを3時間15分以内か、30kmを2時間13分以内、ハーフマラソンを1時間30分以内、20kmを1時間25分以内、10kmを38分以内、のいずれかを記録した競技者も参加できる。

参加料は5000円、参加者には参加賞としてTシャツが贈られる。フルマラソン大会としてスタートしたのは1984年の第5回大会からで、過去には高橋尚子や土佐礼子などが優勝している。第1回から第4回大会までは20kmロードレース大会であった。

/
/
<1196>  2011.3.14更新