あじのもとナショナルトレーニングセンター

味の素ナショナルトレーニングセンター 【 味の素トレセン 】

ナショナルトレーニングセンター
トレセン

味の素ナショナルトレーニングセンターとは、東京都北区にあるスポーツのトレーニング施設のこと。オリンピックなどに出場する国内のスポーツ選手の競技力向上を目的として、2008年に開所された。2000年に文部省が告示した「スポーツ振興基本計画」にもとづいて設置された国立施設であり、日本スポーツ振興センター(NAASH)が管理し、日本オリンピック委員会(JOC)が運用している。施設を利用できるのは、JOCの強化指定選手と、各競技団体の強化選手のみに限られている。

施設には、屋内トレーニングセンターと陸上トレーニング場、屋内テニスコートがあり、ボクシングバレーボール体操バスケットボールレスリングなどのトレーニングができる。また、アスリートヴィレッジと呼ばれる宿泊施設もある。NAASHが運営する国立スポーツ科学センターが隣接しており、スポーツ医学や科学、情報分野での連携を行っている。

2009年にJOCと味の素が命名権の売買契約を締結し、「味の素ナショナルトレーニングセンター」となった。また、味の素はJOCゴールドパートナーとして、栄養補助食品や調味料、スープ類の提供を行っている。中核拠点となる味の素トレセン以外にも、競技別の拠点として国内各地にナショナルトレーニングセンターが開設されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1219>  2011.4.12更新