こくさいちばえきでん

国際千葉駅伝

国際千葉駅伝とは、毎年11月に千葉市で開催される男女混合の駅伝大会。2009年現在、男女混合の駅伝は世界唯一で、正式名称を青木半治杯国際千葉駅伝という。青木半治とは千葉県出身のスポーツ指導者で、日本陸連の要職を務めた人物。

日本陸上競技連盟と千葉県、千葉市などが主催する。コースは千葉県総合スポーツセンター陸上競技場をスタート、フィニッシュ地点とし、ポートタワー、千葉マリンスタジアム、幕張メッセ、幕張ベイタウンを通る日本陸連公認マラソンコ-ス42.195kmとなっている。全部で6区あり、1区5km、3区10km、5区10kmは男子、2区5km、4区5km、6区7.195kmは女子が走るため、アンカーは女子が務める。

様々な国が参加しており、2008年を例にとれば、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、エチオピア、英国、ルーマニア、ロシア、スウェーデン、米国、日本、日本学生選抜、千葉選抜の各チームが参加した。

2009年現在、過去の優勝回数は男女混合になってから日本とエチオピアが1回づつで、過去男女別に開催していたときは男子がエチオピア5回、日本4回、女子が日本10回となっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<645>  2009.10.28更新