おおそとがり

大外刈

大外刈とは、柔道投技のひとつ。相手の上半身を十分に引きつけ、重心が傾いた瞬間を見計らって、体重がのった状態の相手の足を、右組みなら右足で外側から刈って倒す技。

掛けられた相手は後頭部から地面に落ちる危険があり、受け身の必要がある。

/
/
<554>  2009.8.21更新