てんのうしょう

天皇賞

天皇賞とは、日本中央競馬会が主催するG1競走のひとつ。春と秋に開催され、中央競馬では唯一、1年に2回実施されるG1競走である。また、伝統と格式においても中央競馬が開催する競走の中でトップクラスといえる。天皇賞(春)、天皇賞(秋)と表記され、天皇賞(春)は京都競馬場の芝3200mで、天皇賞(秋)は東京競馬場の芝2000mで開催される。

1937年の12月3日に第1回天皇賞(秋)が開催され、その翌年の5月15日に天皇賞(春)が開催された。優勝賜杯として、1941年より菊花御紋入りの木製盾が馬主へ下賜されるようになり、競馬関係者やファンの間では「天皇盾」と呼ばれている。

出走権利を持つ馬は、春と秋の天皇賞で違い、天皇賞(春)は4歳以上の牡馬牝馬、せん馬、天皇賞(秋)は3歳以上の牡馬、牝馬、せん馬(せんば)である。また、1980年までは、天皇賞を勝つという最高の名誉を持つ馬が、再度天皇賞へ出走して負けた場合、天皇賞馬としての威厳を下げてしまう、ということから1度天皇賞を勝った馬は再度の天皇賞出走を認めない「勝ち抜き制度」があった。

/
/
<653>  2009.11.3更新