じょしバレーボールワールドグランプリ

女子バレーボールワールドグランプリ

女子バレーボールワールドグランプリとは、アジアでのバレーボール発展を目的として開催される、女子バレーボールの国際大会。国際バレーボール連盟(FIVB)主催で、アジア地区で開催されることが多い。世界の強豪12カ国が参加する。アジアからは4カ国が出場。1993年の第1回香港大会以来、毎年夏季に開催されている。

予選ラウンドは、参加12チームをAからIの9グループに分けた総当たり戦。1チームは3つのグループをかけ持ちし、それぞれのグループで総当たり戦をするので、合計9試合行うことになる。開催国は無条件で、その他は上位5チームが決勝ラウンドに進出する。決勝ラウンドは総当たり戦。

過去の最多優勝国はブラジルで7回。ロシアが3回と続く。日本は1994年と1997年の4位が最高。

/
/
<525>  2009.8.5更新