あんだせいぞうき

安打製造機

安打製造機とは、安打製造機とは、野球において、安打を頻繁に記録する選手の呼称、代名詞のひとつ。特筆すべきほどの数の安打を記録する選手に対して使われる言葉であり、首位打者や最多安打打者に対してその都度使われる言葉ではない。安打の分野で群を抜いており、数々の記録を塗り替える、または肉薄するような選手に対して「安打製造機」と使われることが多い。また、機械のように正確に、そして安定的に安打を記録する、という点で人間離れした業である、という形容的な意味合いも含まれている。

日本では、張本勲やイチローが安打製造機として名を馳せたが、ロッテオリオンズに在籍していた榎本喜八が初めて「安打製造機」と呼ばれた。いかなる難球も簡単そうに安打を放つことから、安打製造機と呼ばれるようになったといわれている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1088>  2010.9.23更新