かわさきフロンターレ

川崎フロンターレ

川崎フロンターレとは、 Jリーグに加盟するクラブのひとつであり、神奈川県川崎市に本拠地を置いている。ホームスタジアムは川崎市にある等々力陸上競技場。運営会社は株式会社川崎フロンターレとなっている。クラブ名の「フロンターレ(Frontale)」はイタリア語で「正面」「前飾り」の意味であり、最前線での挑戦や正面から正々堂々と戦う姿勢などにちなんでいる。

クラブの前身となったのは、1955年に川崎市で創部された「富士通サッカー部」。1967年から関東社会人リーグに参加し、1972年には日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格した。その後、1部に昇格したものの数年で降格し、1992年にはJSLが終了した。同年にスタートしたJFLの1部に参加。1996年よりJリーグへの参加を目指し、川崎市を本拠地としてクラブ名を「富士通川崎フットボールクラブ」と改め、運営会社の「富士通川崎スポーツマネジメント株式会社」を設立した。翌1997年に「川崎フロンターレ」と改称し、さらにJリーグ準会員加盟が認められた。

1997年のJFLでは3位となり、Jリーグ昇格を逃した。1999年よりJリーグが2部制に移行するためJリーグ参加は内定していたが、1998年にJFLで準優勝し、Jリーグ準会員クラブとしてJ1参入戦への参加資格を得た。しかし、参入戦で敗れ、1999年はJ2からの参加となった。J2初年度となった1999年に優勝し、1年でJ1昇格を決めた。だが、翌2000年はJ1で年間順位最下位となりJ2へ降格。2002年に運営会社名を現在のものに改め、より地元との結び付きを強くさせた。2003年に勝ち点差1で昇格を逃すものの、翌2004年には圧倒的な強さで優勝し、J1に復帰した。J1復帰2年目の2006年よりクラブは躍進し、リーグ戦で好成績を収め、ACLに出場するなど、強豪クラブの仲間入りを果たしている。チームカラーはサックスブルー、黒、白。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<447>  2009.2.6更新