じゅんぎょう

巡業 【 地方巡業 】

巡業とは、大相撲の力士一行が地方をまわって、練習や試合をすること。年6回の本場所とは別に行われ、全国の相撲ファンとのふれあいの場所になるとともに、日本相撲協会にとっての収入源にもなる。

三月場所後に近畿地方、中部地方、関東地方を巡回する春巡業、七月場所後に東北地方、北海道地方を巡回する夏巡業、九月場所後に中部地方、近畿地方、中国地方、四国地方を巡回する秋巡業、十一月場所後に九州地方を巡回する冬巡業がある。また海外へ巡業に行くこともある。

各巡業には勧進元と呼ばれる興行主おり、勧進元が日本相撲協会に契約金を支払うかたちで興行権を得て開催される。一時期は勧進元制度を廃止して、日本相撲協会が自ら興行を取り仕切ったが、巡業の数が減少したなどの理由から、再び勧進元が興行権を得るかたちになっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<968>  2010.7.8更新