ひらおよぎ

平泳ぎ

平泳ぎとは、水泳・競泳競技の一種目。男子種目女子種目共にあり。競技距離により100mと200mの2種目あり。1名の選手が平泳ぎのスタイルで競技距離を泳ぎきり、そのゴール所要時間の短さを競う。競技は8コースある縦50メートルのプールにおいて、8名の選手の一斉スタートで行われる。選手は、審判長のホイッスルを合図に一斉にスタート台に上り、出発合図員の号令と共に規定のスタート姿勢をとる。競技は、スタート台からの飛び込みによって始まり、選手の両手が同時に壁に触れた時点でゴールとなる。特有の注意点として、スタート及び折り返し直後の一かきから必ず身体はうつ伏せでなければならない、折り返し及びゴールでのタッチは必ず両手で同時に触れなければならない、などがある。世界記録は、100mが、男子がアメリカのハンセンによる59秒13、女子がオーストラリアのジョーンズによる1分05秒71。200mが、男子がアメリカのハンセンによる2分08秒50、女子がオーストラリアのジョーンズによる1分05秒71(2008年3月時点)。

/
/
<36>  2008.5.27更新