しんでしけんさ

新弟子検査 【 力士検査 】 新弟子採用検査

新弟子検査とは、大相撲の力士にふさわしいかどうかを調べる検査のこと。各本場所前に行われる。所属を希望する部屋の親方を通し、必要書類を添えて力士検査届を提出した後、日本相撲協会の定める条件を満たせば、協会に登録されて正式な力士と認められる。

新弟子検査の受験資格は、検査当日に中学校卒業以上、23歳未満の男子となっている。ただし、日本相撲協会が指定している社会人や大学のアマチュア大会で規定の成績を残した者は、年齢制限が25歳未満に引き上げられる。

新弟子検査の有資格者には、体格検査とともに健康診断が行われる。なお、体格検査の基準は2012年の五月場所から引き下げられ、身長167cm以上、体重67kg以上となっている。

/
/
<1540>  2012.12.27更新