はたさお

旗竿

旗竿とは、ホールの位置を示すためホールの中心に立てられている標識のこと。先端に旗などがついている場合もあるが、規則上では旗などが取り付けられてるかどうかは問わないとしている。形状においては、断面は円形でなければならないとされており、高さは少なくとも7フィート(2.13メートル)以上で、ホールの底から地上3インチ(7.62センチメートル)の高さのところまでの部分の直径は、0.75インチ(1.90センチメートル)以下のものを用いるよう、日本ゴルフ協会は勧めている。またボールの動きに影響を与えかねない衝撃吸収素材などの使用は禁止されている。

/
/
<110>  2008.5.27更新