にほんプロサッカーせんしゅかいチャリティーサッカー

日本プロサッカー選手会チャリティーサッカー 【 JPFAチャリティーサッカー 】

日本プロサッカー選手会チャリティーサッカーとは、東日本大震災の被災地の復興を支援するために、日本プロサッカー選手会(JPFA)が開催するサッカーのチャリティーマッチのこと。2011年12月に「クリスマスチャリティーマッチ」として第1回が開催され、以降も毎年12月に試合が行われている。日本サッカー協会(JFA)とJリーグが主催し、JPFAと仙台市が共催している。会場は、仙台市にあるユアテックスタジアム仙台。

東北にゆかりのある選手で構成された「東北ドリームス」と、Jリーグなどのスター選手で構成された「JAPANスターズ」が前後半45分、全90分間の1試合を行う。選手交代は自由で、同点の場合は引き分けとなる。各チームの選手は、J1、J2、J3の各クラブから選出されるほか、海外のクラブに所属する選手や現役引退した選手が参加することもある。

チャリティーマッチの開催とあわせ、選手による被災地各県の訪問や募金活動、サイングッズのチャリティーオークションなども実施され、入場料やオークション、募金による収入は、今後の復興支援活動の原資となる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1673>  2014.11.22更新