にほんじょしソフトボールリーグ

日本女子ソフトボールリーグ

日本女子ソフトボールリーグとは、日本における女子ソフトボールのリーグ戦のこと。日本ソフトボール協会と日本女子ソフトボールリーグ機構(JSL)が主催している。1968年にスタートした。

12チームが参加する1部リーグに加え、2部リーグとして、各7チームが参加するアドバンスセレクション、ホープセレクションという2つのカンファレンスがある。リーグ戦は2回戦総当りで行われ、1部リーグでは上位4チームがプレーオフ決勝トーナメントに進出できる。プレーオフは、リーグ戦の1位と2位が対戦し、勝ったチームが決勝に進出。負けたチームが3位と4位の勝者と対戦して決勝進出チームを決めるという敗者復活を含んだ変則的なトーナメント方式となっている。決勝トーナメントの勝者がリーグ戦の優勝チームとなる。

2部リーグでは、各カンファレンスの上位2チーム、計4チームで順位決定プレーオフが行われる。1部と2部の入れ替えもあり、2部の1位チームが1部の最下位チームと自動入れ替えとなるほか、2部の2位チームと1部の11位チームで入れ替え戦が行われ、残留または昇格を決定する。

/
/
<1656>  2014.8.24更新