めいじじんぐうやきゅうたいかい

明治神宮野球大会

明治神宮野球大会とは、トーナメント方式で開催される学生野球大会のひとつ。1970年に明治神宮鎮座50年を記念した奉納試合として第1回大会が開催された。第1回から第3回大会までは大学の部のみの開催だったが、第4回大会から高校の部も開催されるようになった。

大学の部は、各大学野球連盟の秋季リーグ戦優勝校、または地域リーグ戦優勝校の中から選ばれた大学が出場する。ただし、大学野球の全国大会では6月に開催される全日本大学選手権が最上位の大会であるため、明治神宮野球大会は全日本大学選手権よりも少ない出場校数となっている。

高校の部は、秋季の地区大会での優勝校9校と東京都秋季大会の優勝校が出場し、秋の日本一を決める大会となっている。また、高校の部で優勝校を輩出した地区は、選抜高校野球大会(センバツ)の出場枠のひとつである「明治神宮大会枠」を獲得することができる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1418>  2012.4.6更新