ざんていおうざ

暫定王座 【 暫定王者 】

暫定王座とは、プロボクシングの仮のチャピオンのこと。正規のチャンピオンが怪我や病気などの理由で長期的に防衛戦を行えず、階級の王座の位置が空白状態になってしまった場合に、階級の上位ランカー同士で王者を決定する試合を行い、その勝者を暫定的なチャンピオンとすること。暫定王者でも、チャンピオンベルトは贈呈され、権威も正規のチャンピオンと変わらないとされている。また、正規のチャンピオンが復帰できた場合、暫定チャンピオンとの統一戦が義務付けられている。

しかし、近年では主催側がタイトルマッチを増やしたいという思惑から暫定王座を設けることがある。暫定王者であっても、タイトルマッチを行うと公認団体に認定料が入ることから、暫定王者の乱立が起こってしまい、ボクシング界の大きな問題となっている。例えば2009年現在、内藤大助が上位ランカーとの指名試合を長い間行っていないため、ポンサクレックが暫定王者に就き、統一戦の日程も決まらずに王者が2人いるという状態となる問題が起きている。

  • WBC  【World Boxing Council】
  • WBA  【世界ボクシング協会】
  • KO  【ノックアウト】
  • 階級
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<664>  2009.11.7更新