さっぽろけいばじょう

札幌競馬場

札幌競馬場とは、札幌競馬場とは、日本中央競馬会の所有する競馬場である。所在地は、北海道札幌市中央区。2009年までは、中央競馬以外にも、社団法人北海道軽種馬振興公社が主催のホッカイドウ競馬を開催していたが、2010年は開催を休止し、今後も未定となっているため、2010年現在は中央競馬のみの開催となっている。

最短距離で測った場合、芝コースの一周距離は1640.9m、幅員は27m、直線距離は266.1mとなっている。ダートコースは、一周1487m、幅員20m、直線264mである。

芝コースの直線距離は、日本中央競馬会の全10場ある競馬場の中でも函館競馬場についで2番目に短いものとなっている。また、コース内での高低差も0.6mと少なく、平坦で小さな競馬場といえる。

コーナーは、半径が大きく設計されており緩やかなカーブとなっていて、そのためコーナーの距離が長く、必然的に直線距離が短くなる。楕円形をしている競馬場の中では、円形に近い形をした競馬場となっている。

G1競走の開催はなく、G2競走である札幌記念が開催レースの中では最も格の高いレースとなっている。

/
/
<1014>  2010.7.30更新