とうレパンパシフィックテニス

東レパンパシフィックテニス 【 東レパンパシフィックオープンテニストーナメント 】

東レパンパシフィックテニスとは、東レパンパシフィックテニス実行委員が主催する女子テニスの大会。ソニーエリクソンWTAツアーの中のひとつとして公認されている。日本国内では最大のWTAツアー大会になっている。賞金総額は200万ドル。トーナメント方式で行われ、試合はベストオブ3セットマッチの形式で勝敗を決する。また、各セットとも6ゲームオールになった場合はタイブレークを採用している。決勝トーナメントは、シングルスが56ドロー、ダブルスが16ドローで行われる。

1984年にアジア初の国際女子公式戦としてスタートし、2008年よりアジアで行われる大会を9月に集中して開催する方針から、9月下旬に有明コロシアムで行われるようになった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<610>  2009.10.3更新