とうきょうヴェルディ

東京ヴェルディ 【 東京V 】

東京ヴェルディとは、 Jリーグに加盟するクラブのひとつであり、稲城市を中心とした東京都全域に本拠地を置いている。ホームスタジアムは調布市にある味の素スタジアム。運営会社は株式会社日本テレビフットボールクラブとなっている。クラブのトップチームの正式名称は「FCニッポン」であり、「東京ヴェルディ」は呼称。「ヴェルディ」とはポルトガル語の「Verde(緑)」に由来する造語である。

1969年に日本初のプロサッカークラブを目指して創部された「読売サッカークラブ」が前身。東京都リーグからスタートし、1971年からは関東リーグに昇格した。1972年に、その年創設された日本サッカーリーグ(JSL)2部に加盟。1978年にJSL1部に昇格すると、その後は好成績を収め、リーグ戦やカップ戦、天皇杯など数々のタイトルを獲得するようになり、日産自動車サッカー部などと並んでJSLを代表するクラブとなった。

1991年、Jリーグの創設が発表されると参加を表明し、運営会社の「読売日本サッカークラブ」を設立した。また、スタジアム確保の点から本拠地を神奈川県川崎市とし、「ヴェルディ川崎」の呼称を採用した。リーグ戦の前哨戦として1992年に開催されたJリーグカップで優勝し、翌年開幕したJリーグでは初代年間王者に輝いた。その後もリーグ戦やカップ戦での優勝を重ねるものの、1996年頃から成績が低迷し始めた。1998年のシーズン終了後には、読売新聞社とよみうりランドが経営から撤退し、資金力も低下。2005年にはJリーグで17位となり、ついにJ2への降格が決定した。翌々年の2007年にJ2で2位となり、J1復帰を果たすも、2008年にわずか1年での再降格が決定した。なお、2001年に本拠地を東京に移転し、「東京ヴェルディ1969」と呼称を変更。2008年より「東京ヴェルディ」となった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<434>  2009.2.3更新