とうきょうだいしょうてん

東京大賞典

東京大賞典とは、特別区競馬組合が主催するG1競走のひとつ。毎年12月下旬に東京都品川区の地方競馬場である大井競馬場ダート2,000mで開催される。1955年に創設された「秋の鞍」が前身となり、1964年より現在のレース名に改称された。なお、同年に創設された「春の鞍」は、現在の東京ダービーであり、どちらも大井競馬場の歴史ある大レースとなっている。

大井競馬場のダートで競走が行われており、距離は創立時には2,600mだったが、1962年からは3,000mに延長された。しかし、1989年には2,800mと短縮され、さらに1998年からは2,000mとなり、現在に至っている。

地方競馬の1年を総括するレースとなっており、1着賞金は8,000万円。2011年からは地方競馬で初の国際競走となった。

/
/
<1537>  2012.12.17更新