とうきょうでんりょくマリーゼ

東京電力マリーゼ 【 TEPCOマリーゼ 】 東京電力女子サッカー部マリーゼ

東京電力マリーゼとは、東京電力マリーゼとは、なでしこリーグに所属する女子サッカーチームのひとつであり、福島県双葉郡楢葉町、広野町にあるJヴィレッジに本拠地を置いている。ホームスタジアムはJヴィレッジスタジアム。なお、Jヴィレッジスタジアム以外にも、福島県内や関東地方のスタジアムでホームゲームを開催している。東京電力の実業団チームであり、選手とスタッフは東京電力の社員となっている。チーム名の「マリーゼ(Mareeze)」は、福島県の自然を象徴する「海(Marine)」と「風(Breeze)」を組み合わせた造語。

チームの前身となったのは、1997年に宮城県で創部された「YKK東北女子サッカー部フラッパーズ」。東北地方の女子サッカー大会などで活躍し、2000年からはL・リーグ(後のなでしこリーグ)に参加した。その後、子会社YKK APへの移管を経て、2005年に東京電力に再移管され、本拠地を福島県に移した。

2006年のなでしこリーグディビジョン1で年間8位となり、ディビジョン2に降格。しかし、2007年にディビジョン2で優勝を飾り、1年でディビジョン1に復帰した。女子サッカーリーグがトップリーグの「なでしこリーグ」と下部リーグの「チャレンジリーグ EAST/WEST」に再編された現在でも、なでしこリーグで活躍している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1210>  2011.3.24更新