じゅうどうグランドスラムとうきょう

柔道グランドスラム東京 【 嘉納治五郎杯東京国際柔道大会 】

柔道グランドスラム東京とは、IJF国際柔道連盟主催で行われる柔道の国際大会。2008年までは嘉納杯柔道ワールドグランプリと呼ばれていたが、2009年から柔道グランドスラム東京という名称に変更された。国際大会であり、世界の強豪が終結する大会となっている。グランドスラムは他に2月にパリ、5月にモスクワ、7月にリオデジャネイロでも開催され、東京を合わせて4大会となる。

嘉納治五郎杯国際柔道大会として、1978年から開催されているが、毎年開催されるわけではなく、不定期に開催されている。2009年から始まった選手にポイントを付与する柔道の世界ランク制のポイントが与えられる試合のひとつになっており、各階級で1位に300ポイント、2位に180ポイント、3位タイに120ポイント、5位タイおよびベスト8に60ポイント、ベスト16に36ポイント、ベスト32に24ポイント、初戦突破で12ポイントが付与される。

試合が行われる階級は、男子が60kg級、66kg級、73kg級、81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級で、女子が48kg級、52kg級、 57kg級、63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級となっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<712>  2009.12.10更新